<< ゾエア幼生について | main | いらない漂着物 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Ranking にほんブログ村 観賞魚ブログ ヤドカリへ | - | - | by スポンサードリンク
オカヤドカリの産卵
JUGEMテーマ:オカヤドカリ

【オカヤドカリの卵について】
貝殻の中にある腹肢に卵を産みつけます。
個体の大きさにもよりますが、雌の卵の大きさは0.6〜0.8mm。
はじめオカヤドカリの卵は、少し楕円形になっています。
卵の中の胚発生(ゾエア幼生の発生)が進むにつれて卵は球形になっていきます。
未発眼卵でも発眼卵でも大きさはほとんど変わりません。

【オカヤドカリの卵の数】
ナキオカヤドカリ   (約6000個)
ムラサキオカヤドカリ (約20000個)
オカヤドカリ     (約50000個)

【放幼の時期】
5月下旬〜10月上旬ごろまで卵を産みます。
とくに6,7,8月の満月、新月の大潮の19時半〜21時頃が一番多くみられます。
成熟した卵を抱えたメスは、波打ち際から海に入りゾエア幼生を放ちます。

【抱卵雌の最小個体】
ナキオカヤドカリ   抱卵雌の最小個体は甲長 3.83mm
ムラサキオカヤドカリ 抱卵雌の最小個体は甲長 3.93mm
オカヤドカリ     抱卵雌の最小個体は甲長 9.49mm ←もう少し小さい個体から卵を産むこともありえる。

Ranking にほんブログ村 観賞魚ブログ ヤドカリへ | comments(0) | What's オカヤド? | by 飼育者:ホメロス
スポンサーサイト
Ranking にほんブログ村 観賞魚ブログ ヤドカリへ | - | - | by スポンサードリンク
COMMENT
コメントする